病院の治療と並行可鍼灸の不妊治療

鍼灸治療を導入した不妊治療は、病院で受ける西洋医学の治療と組み合わせて行うことも可能です。西洋医学では子宮や卵巣にダイレクトに作用する治療薬を用いますが、東洋医学の鍼灸治療では全身のに状態特に血液や気の流れ、水分代謝などを重要視します。血液の滞った体は冷えた体であるととらえ、生殖に大きな役割を果たす子宮や卵巣の機能低下につながると考えるからです。ですから鍼灸の不妊治療では、経絡に鍼やお灸を施して、そこだけではなく全身に温かい血液が巡ることを目指します。全身に血液が行き届くようになることで質のよい卵子が育ちますし、子宮内膜も温かく成長して妊娠しやすい環境になります。また東洋医学では、男性側の不妊も治療が可能です。ホルモンバランスの乱れで精子が少なめだったり、疲労の蓄積で勃起不全に陥っている等のケースでは鍼やお灸が効果的です。

鍼灸でも行える不妊治療

不妊治療は様々なものがありますが、体への負担が少ない治療のひとつに、鍼灸があります。身体を温める作用や、卵巣の動きをよくするなど、鍼によって治療します。医院によりますが、だいたい1時間くらいを週1日通う形が多いようです。夜まで営業している医院もありますので、働いている人でも通いやすいところがあります。私自身も通っていましたが、生理が正しくくるようなり、不規則だった基礎体温も、きちんとするようになりました。即効性はないのですが、続けていくことによって、体を整えることができました。費用は保険がきかない分、高くなってしまいますが、不妊治療は医療費控除の対象になりますので、領収書を保管しておき、医療費控除のときに申請するようにしましょう。薬などと違って副作用もないので、副作用がでやすい人でも、安心して通えるのではないでしょうか。

鍼灸での不妊治療とは

大人の悩みの一つで子供に関することはよくあります。その中でも女性で子供が欲しいけれど、なかなかできなくて悩んでいるという人は少なくないと思います。デリケートな話なので周りに相談することもあまりできず一人で苦しんでいるというケースも珍しくはありません。しかし薬なども不安だなという気持ちもあるので、なかなか病院に行ったりできないものです。そんなときに試してみるべきなのが鍼灸です。不妊治療で鍼で効果があるのかと感じがちですが、薬とは違い身体への影響の心配がないのが一番のメリットといえます。たしかに即効性はあまり期待できないかもしれませんが、体質を良くする効果があるので、まずは自分の身体を大事にして体質を良くすれば妊娠したということもよくあるので、体質改善という意味も含めて鍼灸での不妊治療を試してみるのもありなのではないかなと思います。

当社の強みは、子宝に恵まれない方へ、はりやマッサージにより血流の流れを良くし、骨盤内の血液循環を促し妊娠しやすくする自然療法です。身体に無理ないよう自宅でも続けられる治療です。動物並みの受胎率を目標に掲げて妊娠力アップに取組み、年間150人を超える妊娠実績を達成している事がメリットです。女性の体は歳を重ねる毎に妊娠する確率は低下します。不妊に関して長年研究を続けたプロのドクターが検査。鍼灸による不妊治療なら当サイトへ